本規約は、毎日情報メール(MJM)のサービスをご利用いただくに当たって、諸条件を規定するもので、すべての会員に適用されます。
第1条 毎日情報メール(MJM)とは
毎日情報メール(MJM)は、株式会社毎日新聞社が運営し、毎日新聞からの情報やお知らせを、会員にメールでお送りするサービスとします。
第2条 会員
会員とは、毎日情報メール(MJM)のサービスに所定の手続に従って登録した人です。
第3条 規約の承諾
本サービスを利用するに当たり、会員は本規約を承諾しているものとみなします。
第4条 サービス内容
毎日情報メール(MJM)のサービスは各種のお知らせを提供することや、各種のアンケートへのご協力依頼、セミナーやシンポジウムの開催のご案内などです。第三者からの情報の提供やアンケートなどもこれに含まれます。
お知らせの内容は以下の通りです。
・各種情報、ニュース、コンテンツ
・プレゼント、懸賞などのご案内
・イベント、セミナー、シンポジウム開催のご案内
・本社出版物などのご案内
・新聞広告や新聞紙面に関するアンケートのご案内
・その他各種アンケートのご案内
・その他の情報提供
第5条 会員の責務
会員は、本規約に従い、本サービスを利用していただくものとします。
会員は、本サービスにより得た情報を、会員ご自身の判断と責任において利用していただくものとします。
会員は、本サービスの運営に支障をきたす行為を行わないものとします。
会員は、本サービスの利用により毎日新聞社又は第三者に対して損害を与えた場合(会員が、本規約上の義務を履行しないことにより第三者又は毎日新聞社が損害を被った場合を含みます)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
第6条 登録変更及び通知
会員は、登録したメールアドレスの変更を希望する場合には、所定の手続に従って、当該変更の手続を採るものとします。
会員は、登録したメールアドレスを、本サービスに関する通知のために使用することを予め承諾しているものとします。
会員に対する通知は、会員の登録したメールアドレスに電子メールを発信した時をもって、会員に到達したものとします。
第7条 利用料金
本サービスは無料とし、本規約の追加・変更等(以下「変更等」という)により自動的に有料となることはありません。
本サービスの受信に伴う通信料は、会員の負担となります。
第8条 個人情報の管理について
会員の個人情報は、会員の同意なしに、本サービスの提供以外の目的で利用したり、第三者に提供したりすることはありません。ただし、法令の定めに基づく場合等個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます)の定めによる一定の場合には、適切な判断により、会員の同意なく第三者に提供・開示することがあります。個人情報保護方針についてはプライバシーポリシーをお読みください。
毎日新聞社は、会員の個人情報について、個人情報保護法を遵守し、適正な個人情報の管理を行うとともに、漏えい、滅失、毀損の防止のために最大限の注意を払って管理します。
第9条 登録抹消手続きなど
会員は毎日情報メール(MJM)のWEBページにある登録情報修正画面からいつでも登録を抹消できます。
毎日情報メール(MJM)は登録抹消手続きをした会員の個人情報を一切保存しません。したがって登録抹消手続き後の問い合わせにはお答えできません。会員は登録にあたってこれに同意するものとします。また、会員が本規約に違反した場合、登録を抹消することがあります。
第10条 サービスの変更・中断・終了
会員は、毎日情報メール(MJM)が事前に通知することなくサービスの内容を変更・中断、もしくはサービスを終了することがあることを、あらかじめ了承します。
第11条 規約の追加・変更
毎日情報メール(MJM)は、事前に会員の同意を得ずに規約の一部もしくは全部を追加・変更することがあります。当規約を追加・変更した時は、当社所定の方法(Webサイトに掲載を含む)により会員に通知します。追加・変更に同意できない会員は、所定の手続きを経て毎日情報メール(MJM)の登録を抹消できます。ただし、通知してから1週間以内に手続きを取らなかった会員は、規約の追加・変更に同意したものとみなします。規約の変更により会員に損害が生じても、毎日新聞社はいかなる責任も負いません。
第12条 免責事項
毎日情報メール(MJM)は、会員に提供する情報の内容について十分にチェックしていますが、その完全性、正確性、有用性などを保証するものではありません。特にインターネットによるサービスにおいて、コンピューター・ウイルスに関する防護策を講じておりますが、仮に会員が感染した場合もその責任を負いません。また、会員に提供するサービス、賞品・特典類の内容、品質などの瑕疵担保責任、情報メールの受信などに不具合が生じた場合の責任も負いません。
毎日情報メール(MJM)は、第三者から寄せられるサービスを会員のために提供することがありますが、会員はその第三者との取引について自らの責任を持って行ってください。その取引により、会員と第三者との間で債務、品質保証、損失・損害等に関して問題が生じた場合も、責任を負いません。
毎日情報メール(MJM)は、サービスの円滑提供に努めておりますが、以下の各項に記す損失、損害等に関し、事前にその恐れについて知らされていた場合でも、いかなる責任も負いません。
(1) 会員に提供するサービスの変更、中断、遅延、停止、終了またはシステムトラブルにより会員に生じる損失(第三者との契約に基づく請求に関係する場合を含みます)
(2) 会員がサービスを利用して得た情報、商品、サービスを通じて行った取引により会員に生じる損失、または第三者との直接契約により生じる損失
(3) サービスを利用できないことにより会員に生じる逸失利益、間接的損害、派生的損害、付随的損害
第13条 準拠法および管轄裁判所
当規約は日本の法律に準拠し、法令に従って解釈されるものとします。会員と毎日情報メール(MJM)との間に紛争が生じた場合は、毎日新聞社の所在地を所管する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします